北朝鮮の弾道ミサイルKN-08

写真拡大

北朝鮮が今月2回にわたり、平安北道(ピョンアンブクト)亀城(クソン)のバンヒョン飛行場から発射(いずれも失敗)したミサイルについて、米韓当局が発表した中距離弾道ミサイルのムスダンではなく、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「KN-08」であった可能性が指摘されている。

26日付の米ワシントン・ポストによると、米ジェームズマーティン不拡散研究センター(CNS)のジェフリー・ルイス東アジア担当局長は、バンヒョン飛行場を撮影した商業用衛星写真を分析。ミサイル発射試験で生じたと推定される地表の燃えた跡が2カ所見つかったが、「これらの痕跡の大きさは、これまでに見られたムスダンの発射跡よりもはるかに大きい」という。

ルイス氏はこれを根拠に、北朝鮮がKN-08の発射を試みた可能性を指摘する一方、「異常に大きな爆発のためにミサイルの移動式発射台(TEL)も破壊された可能性がある」と説明した。

同氏はまた、「(米韓当局が)あまりに性急に中距離のムスダンであるという結論を下したような気がする」としながら、「KN-08であった可能性は半々だが、半分の確立でも十分に悪いことだ」と述べている。

ただ、同氏の分析には否定的な見解もあり、さらなる情報と分析が待たれる。