無くしたものが見つかる「ハサミさん」のおまじないって知ってる?

写真拡大

 SMAPの中居正広さんが『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の中で2013年に紹介した「ハサミさん」のおまじないってご存知ですか?

 『百獣戦隊ガオレンジャー』(テレビ朝日系)の主題歌で知られる歌手の山形ユキオさんが、無くし物をしたとき試してみたら効果があったとここ最近紹介していました。

【関連:SMAPを想起させる日本酒名が楽しすぎ 妄想がMORI MORIはかどりそう】

山形ユキオさんの紹介ツイート

 これはハサミを手に持って「ハサミさんハサミさん、ハサミさん、ハサミさん、僕の失くした○○はどこにありますか?」と聞いてみると、無くしたものが見事に見つかるというものです。放映当時、非常に反響があったことで話題になりました。
山形さんはハサミを持つかわりに手をハサミの形にして試してみたところ、それでも実際に無くしたものが見つかったそうです!

 そもそもこの「ハサミさん」は古くから花柳界で受け継がれてきたものなんだとか。
ハサミは手に持つ場合、棚の上に置いておく場合、実際にハサミを使わず手でハサミの形にしてお願いする場合など様々なバージョンがありますが、どれもネットでは「見つかった!」という声が相次いでいます。

 本当に不思議ですが、一説によるとハサミという危険なものを手に取ることで脳が不安を感じ、無くしたものをどこに置いたのか記憶の中で必死に探し始めるという心理的な可能性が考えられるそうですよ。どうしても見つからなくて困ったときはお願いしてみるといいかもしれませんね。

(文:大路実歩子)