ショコラデザート約35種、オードブル&フルーツが15種、アイスクリームが50種など計約100種の絶品デザートが味わえる

写真拡大

京都センチュリーホテルでは、ダイニングレストランのオールデイダイニング ラジョウにて、10月14日から期間限定の「CHOCOLAT Premium Desserts Buffet -ショコラプレミアムデザートビュッフェ-」を開催している。

【写真を見る】ハーブの豊かな香りが口いっぱいに広がる「ボンボンショコラ」

今回のフェアは、本格ショコラデザート35種を中心に、オードブル約15種と、同レストランで人気のアイスクリーム50種を加えた、約100種類のデザートがビュッフェ形式で、心ゆくまで堪能することができる。

ビュッフェラインに並ぶショコラデザートは、美容や健康の面でも近年注目を集めているココナッツオイルや、アボガドオイルなどの香り高いオイルやハーブが掛け合わされている。カカオのコク深い味わいとのマリアージュを、愉しむことができるように趣向がこらされている。

そして、同ホテルのショコラティエが手がけるローズマリーやミント、山椒といったハーブを使用したボンボンショコラも用意。さらに、ミントを使った爽やかな風味のショコラのクレームブリュレなども味わうことができる。

同フェアにちなんだ特製ショコラドリンクも注目。目の前で瞬間スモークしたビターショコラカフェを、ホワイトチョコレートとミルクをベースにした、3色のスイートショコラミルクに合わせて、自分だけの“マーブルショコラドリンク”を作ることもできる。

また、京都を代表するライフスタイルショップ、INOBUNと初のコラボレーションを実施。京都のホテルで3番目の歴史を持つ京都センチュリーホテルと、創業200年を迎えるINOBUNが、特製スイーツとインテリア雑貨で華やかな空間を演出する。

新感覚のスイーツと京都の歴史が絶妙にミックスされた、今回の特別フェアでしか味わえない絶品デザートを堪能しよう!【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】