過去40年で5分の3の脊椎動物が絶滅したとWWFが発表 続く人類増加が原因

ざっくり言うと

  • 27日、すべての脊椎動物の5分の3近くが1970年以降に絶滅したとWWFが発表
  • 野生動物の数は2020年までに、現在の3分の2に激減する可能性があるという
  • その原因は明白で、人類が増加し続けているためだと伝えている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング