画像

写真拡大

 ナノ・ユニバースは、日本オラクルのクロスチャネル・マーケティング・プラットフォーム製品「Oracle Cross Channel Orchestration」を採用した。これにより、顧客を基点とした複数のチャネルでの一貫したマーケティング施策の実現を狙う。

 日本オラクルは、ナノ・ユニバースが顧客行動を基点にクロスチャネルで一貫したマーケティング施策を展開する目的で、マーケティング業務向けクラウド製品群「Oracle Marketing Cloud」のクロスチャネル・マーケティング・プラットフォーム製品「Oracle Cross Channel Orchestration (以下、Oracle Responsys)」を採用し、このたび、稼働開始したことを発表した。

 ナノ・ユニバースは、従来から、CRMで顧客データの一元化に取り組んできた。さらに、店舗を中心とした販売方法から移行し、デジタル・データを活用したECサイトでの販売強化を掲げている。

 しかし、顧客の閲覧するチャネルがメールやWebサイト、プッシュ通知など多様化しており、現状の仕組みでは、顧客を基点とした複数のチャネルでの一貫したマーケティング施策に対応できない課題があった。

 また、ECサイトへの誘導を検討する中で、顧客とのコミュニケーションの中心的な役割を持つモバイル・アプリケーションの利用促進を強化する必要があった。その中で、複数のチャネルを介し、顧客との接点を継続的に保ちながら、リアルタイムに一貫したコミュニケーションを設計・提供できる仕組みが求められており、その条件に合致した「Oracle Responsys」の導入に至った。

 これにより、例えば、店舗への来客を中心にナノ・ユニバースのアプリケーション会員の促進を行い、接客や店舗に設置したビーコンから顧客の嗜好や来店履歴などのデータを集約する。そこで得られたファーストパーティ・データをナノ・ユニバースがターゲットとする顧客像の設定やメッセージ作成に活かすことができる。

 また、Webサイト上での行動履歴と組みあわせた施策も可能になる。例を挙げると、日頃モバイル端末での閲覧頻度が高く、ECサイトのカート上に商品が残っている顧客がいた場合、モバイル端末のプッシュ通知でお知らせを届ける施策が可能になる。

 このように、「Oracle Responsys」を通して、各顧客別に最適なデジタル・マーケティングの施策を行うことが可能になる。

MarkeZine編集部[著]