26日、中国のアイドルグループ・Idol Schoolの専用劇場が本拠地である上海の中心部に来年初めに誕生することになった。写真はIdol School。

写真拡大

2016年10月26日、中国のアイドルグループ・Idol School(アイドルスクール)の専用劇場が本拠地である上海の中心部に来年初めに誕生することになった。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

昨年7月デビューしたアイドルスクールは、モーニング娘。の元メンバーで中国出身のリンリンがプロデューサーを務めるグループ。上海を拠点にしたアイドルと言えばSNH48が有名だが、彼女たちの活躍をきっかけに、次々に誕生したグループアイドルの一つだ。しかもデビュー以来ぐんぐんと人気を伸ばし、SNH48の強力なライバルへと成長している。

今月22日、通算100回目の公演を行ったアイドルスクールが、新たなプロジェクトを発表。そのうちの一つが専用劇場の誕生だ。すでに建設中の同劇場は、上海の中心部・人民広場にほど近い場所にあり、巨大な商業圏内に位置する。SNH48をはじめ、広州を拠点にした人気グループの1931などが市中心部からやや離れた場所に劇場を持っているのと比べ利点も多く、大きな飛躍を目指すことになる。

さらに、この日の公演では第3期生のお披露目も行われ、新チーム「Class Flower」の追加を発表。計44人のメンバーが「Class Flower」「Class Bridge」「Class River」の3チームに所属して活動することになった。(翻訳・編集/Mathilda)