デ・ニーロ&ウォーケンと共演 写真:Startraks/アフロ

写真拡大

 オスカー女優マリサ・トメイが、ロバート・デ・ニーロとクリストファー・ウォーケンが共演する新作コメディ「The War With Grandpa(原題)」に、出演交渉中であることがわかった。デ・ニーロとウォーケンが共演するのは、「ディア・ハンター」(1978)以来およそ40年ぶりとなる。

 「The War With Grandpa(原題)」は、米作家ロバート・キンメル・スミスの同名児童小説の映画化で、ある日一緒に暮らすことになった祖父(デ・ニーロ)と孫息子とのベッドルームをめぐる戦いを描くファミリーコメディ。

 米Deadlineによれば、トメイはデ・ニーロの娘(孫息子の母)を演じる。なお、ウォーケンはデ・ニーロの親友役で、ほかユージン・レビ(「ドッグ・ショウ!」)が共演する。ホームコメディにもかかわらず、デ・ニーロ(「レイジング・ブル」主演男優賞、「ゴッドファーザーPARTII」助演男優賞)、ウォーケン(「ディア・ハンター」助演男優賞)、トメイ(「いとこのビニー」助演女優賞)と、3人ものアカデミー賞受賞者が揃うことになる。

 「アルビン 歌うシマリス3兄弟」のティム・ヒル監督がメガホンをとり、「ゲット スマート」のマット・エンバー&トム・J・アッスルが脚本を手がける。2017年4月21日の全米公開を予定。