大麻合法化を支持するアメリカ国民 史上最高水準に

写真拡大

調査会社ギャラップが発表した新たな世論調査結果によれば、合法大麻を支持しているアメリカ国民は全体の60%に達している。これは同社が1969年にこの問題についての調査を開始して以来、最も高い水準だ。

1969年といえば、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが平和を訴えるパフォーマンス「ベッド・イン」を行った年であり、ウッドストック(野外ロックフェスティバル)やヒッピー、フラワーチルドレンが流行した時代でもある。当時、大麻の合法化を支持したアメリカ国民はわずか12%だった。そして1970年代後半になると、これが28%へと大幅に増加した。1970年代は反戦デモやサイケデリック・ロックが流行した時代だったことからも、この増加は理解できた。

だが1980年代になると、当時のファーストレディ、ナンシー・レーガンが支持したドラッグ反対運動「ジャスト・セイ・ノー(ただノーと言おう)」が展開され、大麻合法化を支持する人は再び25%に減少。1995年までこの水準は変わらなかったが、2000年までには再び増加を始めた。

ギャラップは報告書の中で「現在の60%という支持は、2013年と2015年に記録した58%と統計的に近いため、支持率が安定したのか、それとも今後も少しずつ上昇を続けるのかは不明だ」としている。

大麻擁護団体マリフアナ・マジョリティ(Marijuana Majority)のトム・エンジェルは、こう言う。「総合的な支持率よりもさらに勇気づけられるのは、年齢グループ別の結果を見ると、多くの若者が大麻の解禁を強く支持していることだ。大麻の合法化がより現実的になっていることが、これまで以上に明らかに示されている。今後、大統領候補を含め、多くの政治家がこの傾向に注目し、実効性のない大麻関連政策の近代化を求める声に応えるようになるだろう」

年齢グループ別に見ると、大麻合法化の支持率が最も高かったのは18歳から34歳の77%。次いで35歳から54歳の61%で、55歳以上の年齢グループではわずか45%だった。

支持政党別では、これまで同様に民主党と無党派の間で、より支持率が高い。2003年と2005年には、無党派の46%が大麻合法化を支持しており、今回の調査ではその支持率が70%に上昇。民主党支持者は2003年の調査で38%が、今回の調査では67%が合法化支持を表明した。共和党支持者の間でも支持率は上昇傾向にあり、2003年にはわずか20%だったものの、今では2倍の42%となっている。

台所用品メーカー、マジカルバター(MagicalButter.com)のゲアリン・エンジェルCEOは、こう言う。「多くの人にとって、大麻は毒性がなく、人間にとって必要な栄養素を含むことが科学的に証明されている。大統領も、大麻はアルコールよりも安全だと公言している。こうした事実の積み重ねを考えると、支持政党や信仰、年齢に関係なく、大麻がいずれ合法化されるのは明らかだ」

またギャラップは報告書で、「2016年にカリフォルニア州で嗜好(しこう)用大麻の利用が合法化されれば、そのほかの州も後に続く可能性が高い。同州が政治的トレンドを決めることが多いからだ」と指摘。今後、「合法化されるかどうか」ではなく「いつ合法化されるか」が論点となる可能性があるとの考えを示した。

同社は、同性婚が2015年に連邦最高裁によって合法と判断されたことを考えると、大麻の合法化についても最高裁に判断が委ねられることになる可能性さえあると示唆している。