画像

写真拡大 (全2枚)

 D2Cのスマートフォン向け検索連動型広告「D2C Performance Ads」に新機能「アプリプロモーション広告」が追加された。これにより、アプリディベロッパーは広告クリエーティブ内にアプリアイコンやダウンロードリンクなどを設けることができるようになる。

 D2Cは10月26日、スマートフォン向け検索連動型広告「D2C Performance Ads」の新機能として「アプリプロモーション広告」の提供を開始した。

 同機能は、アプリディベロッパー向けに開発され、アプリ訴求に特化した広告配信ができる。具体的には、広告クリエーティブ内にアプリアイコンやダウンロードリンクなどを設けることにより訴求対象アプリの視認性を高め、アプリマーケットへの誘引、ダウンロードを促進する。

 また、同機能では運用型広告特有の複雑な入稿や配信設定の大幅な簡略化を実現。クリエーティブに使用するアプリアイコンやレイティングなどの情報は、出稿時にアプリIDもしくはパッケージ名を入力するだけで自動入稿され、マーケットでの情報更新に合わせて自動更新する。検索連動型広告の運用の要となる出稿キーワードについても、各アプリに合わせた推奨キーワードの自動入稿・更新に対応している。

 広告掲出面は、NTTドコモが運営するスマートフォン向けポータルサイト「dメニュー」の検索結果画面や、アプリやゲームなどの専門検索結果画面を予定しており、今後D2C Performance Ads配信面内で順次拡大予定としている。

MarkeZine編集部[著]