描かれるのはウッディとボー・ピープのラブストーリー! - 映画『トイ・ストーリー』より
 - Walt Disney Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 シリーズ最新作『トイ・ストーリー4(原題)』の全米公開がさらに1年延期され、2019年6月21日の公開となることが明らかになった。ディズニー/ピクサーが発表した。

 第1作、第2作で監督を務め、現在はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオおよびピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任しているジョン・ラセターが監督に復帰することでも話題の同作。2010年の『トイ・ストーリー3』で一度は完結したと思われたシリーズだが、第4作ではウッディとボー・ピープ(ランプの飾りの羊飼い人形)のラブストーリーが新たに描かれることになるという。

 『トイ・ストーリー4(原題)』の全米公開はもともと2017年6月16日に予定されていたが、昨年10月に2018年6月15日に変更されていた。そして今回、そこからさらに1年延期された。

 The Hollywood Reporter によると、今回の延期は『Mr.インクレディブル』続編(ブラッド・バード監督)の制作が早まっているためで、『Mr.インクレディブル』続編と『トイ・ストーリー4(原題)』の公開日を入れ替えることになったのだという。『Mr.インクレディブル』続編の新たな全米公開日は2018年6月15日だ。(編集部・市川遥)