北朝鮮の平壌で「朝鮮職業総同盟第7回大会」が25、26日の両日にかけて行われた。朝鮮中央通信が27日、報じた。


朝鮮職業総同盟第7回大会の様子(2016年10月27日付労働新聞より)


大会には、各道職業同盟代表者会議で選挙された代表者が参加し、党・行政・武力機関の幹部と在日本朝鮮人教職員同盟代表団がオブザーバーとして出席した。

同通信によると、大会では金正恩氏が朝鮮職業総同盟第7回大会の参加者に送った書簡「金日成・金正日労働者階級の時代の任務と職業同盟組織の課題」が伝達された。

また、職総中央委員会の委員長に朱英吉(チュ・ヨンギル)氏、副委員長にチェ・スドン、ポン・ウォンイク、ハン・ウパル、キム・ドンソン、チェ・ボンマン、リム・チャンボク、リ・チョルチュン、キム・ソンスの各氏が選ばれた。

さらに、職総中央委員会の部長と職総中央委員会の機関紙「労働者新聞」の主筆が任命され、職総中央検査委員会第7期第1回総会で行われた職総中央検査委員会の委員長、副委員長の選挙結果が発表された。