韓国の「キム・ジョンウン」さんたちの悩み 「もう我慢の限界」

写真拡大

周知の通り、北朝鮮の現在の最高指導者は「金正恩(キム・ジョンウン)」だ。

この名前を韓国の最大ポータルサイト「NAVER」で検索すると、真っ先に出てくるのはもちろんその人。ところが、その下に表示される“同姓同名”を見ると、なんと35人ものキム・ジョンウンさんが存在することがわかる。

女優、演劇俳優、歌手、声優、教授、女子プロバスケ選手、弁護士、デザイナーといった憧れの職業もさることながら、彼らにはもうひとつ目を惹くべき点があった。

韓国では女性に多い名前だけに…

ほぼ全員が、“女性”なのだ。

日本ではどうしても男性のイメージが強い「キム・ジョンウン」という名前。しかし、韓国において「ジョンウン」は、昔から女の子によく付ける名前だ。

韓国人の知人に聞いたところ、漢字の組み合わせは異なっても、「ジョンウン」と発音する名前の子は「学年に一人や二人は必ずいた」そうだ。その上、「金(キム)」は言わずと知れた韓国最多の苗字だから、「キム・ジョンウン」がどれだけありきたりな名前なのかは想像に難くない。

韓国で最も有名な「キム・ジョンウン」は、やはり女優のキム・ジョンウンだろう。

2004年に主演を務めたドラマ『パリの恋人』で大ブレイクを果たし、司会、DJの経験も豊富。演技力も高く評価されており、安定した芸能活動を繰り広げている。

そんな彼女が先日、人気バラエティ番組『非頂上会談』(JTBC)に出演し、衝撃発言をした。

「名前を変えようかとずっと悩んでいました。ネットニュースに自分の記事が掲載されても、まったく探せなくて。政治のニュースに埋もれてしまうんですよ」

彼女と同じく「改名したい」と訴える人は他にも。日本の「yahoo!知恵袋」といえる「NAVER 知識iN」には、キム・ジョンウンさんたちからの悩みがたくさん寄せられている。

「昔は名前をからかわれても笑い飛ばせたんですが、最近はストレスになっています。改名するためにはどうすれば良いんでしょうか」

「学校の授業であの名前が挙がるたびに、みんなから注目されます。友だちにも名前を笑いのネタにされたりして、もう我慢の限界です」

「ニュースで北朝鮮が話題になるたび、私に何か言ってくる人を殺したくなります」

韓国でもニュースなどでよく目にする名前だけに、日常生活においてストレスやハプニングも少なくないという。

それでも親から授かった大事な名前。もっと尊重できるようになれば良いのだが…。

(参考記事:圧倒的なクオリティで大人気&競争激化!! 仁義なき韓国の“コンビニ弁当戦争”

(文=S-KOREA編集部)