写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトブレーンは10月26日、同社の主力製品の営業支援システム(CRM/SFA)「eセールスマネージャーRemix Cloud」のビジネス・インテリジェンス(BI)機能を強化するため、Tableau Japanが提供するBIソフトウェアである「Tableau」の技術を採用し、開発を開始したと発表した。

昨今、IoTやビッグデータの活用が促進することに伴い、企業内に蓄積されたデータの活用や、現場レベルでのデータ活用による自律改善サイクルの構築などが課題となっている。そのため、蓄積したデータを現場レベルで簡単に可視化し分析することができるBIへのニーズも並行して高まりつつあるという。

今回、eセールスマネージャーRemix CloudのBI機能の強化にあたり、Tableauを開発基盤として採用した理由として、デザイン性やユーザビリティ性、現場レベルでのデータ統合と分析のしやすさなどを挙げている。

ソフトブレーンでは、開発当初から営業現場での入力を考慮して設計したeセールスマネージャーRemix Cloudと、誰でもデータを理解し利用できるアウトプットを導くというTableauとの融合により、eセールスマネージャーRemix Cloudの営業支援システムとしての効果を最大限に発揮していく考えだ。

(山本善之介)