シャープは26日、高効率な化合物太陽電池が発電した電気をスマートフォンなどの充電に利用できる椅子型「ソーラー充電スタンド」を開発したと発表した。

 この充電スタンドは、再生可能エネルギーの普及啓発推進のため東京都環境公社が募集した「シティチャージ普及促進事業」の設置事業者に応募し、採用されたもの。公社により、東京都内のコーヒーショップ3店舗に10月下旬より順次設置される予定。

 今回開発した椅子型の「ソーラー充電スタンド」は、背もたれの裏側に人工衛星などに採用されている高効率な化合物太陽電池を搭載した。約30%の高い変換効率を実現しており、テラス席など屋外に設置することで効率良く発電する。また、発電した電気は、座面の下に搭載した蓄電池に蓄えられるので、日照量が少ない時でも利用可能。椅子型なので移動も簡単であるという。