写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドコモgaccoは、幼児期から生涯にわたってMassive Open Online Course(MOOC)を活用して学習してもらうことを目指す新たなプロジェクト「L3(エル・キューブ)プロジェクト」を始動させたことを10月26日に開催されたe-Learning Initiative Japan主催の「eラーニングアワード2016フォーラム」において明らかにした。

L3は、Lifelong Learning(生涯学習)を意味しており、プロジェクトは幼児からシニア層まで幅広い世代のそれぞれのステージに合わせた学びを提供することを目的としたものとなる。ドコモgacco 代表取締役社長である伊能美和子氏は、「現在、ドコモgaccoが提供するサービスの活用者は、学びに関心が高い社会人が中心だが、若い層がMoocで学んでもらう機会を増やすことが夢であり、また、日進月歩で進むIT技術の進化を見る限り、学び続けていくことが重要だと思える。そこで幼児期からのライフロングラーニングを提唱する意味を込めた」と、今回のプロジェクトをはじめた背景を説明する。

具体的には、ドコモgaccoが提供するオンライン講座や掲示板機能を備えたプラットフォーム「gacco」と、パートナーのソリューションを組み合わせて提供していく方針で、第1弾としては、久野泰可教育研究所「こぐま会」、ピーエーワークス(P.A.WORKS)、およびP.A.WORKSのグループ会社で、学習コンテンツなどを手がけるPALABOの3社と協力する形で「幼児教育パッケージ」を2017年1月より提供していく予定。具体的には、独自の学習方法「KUNOメソッド」を実践してきたこぐま会とPALABOが協働した「こぐまなびプロジェクト」が提供するアプリケーション「ひとりでがんばりマスター!」とgaccoのパッケージ展開という形になるという。

ひとりでがんばりマスター!は、こぐま会の問題集「ひとりでとっくん」シリーズをベースに開発した学びアプリケーションで、幼児が対象。楽しみながら、繰り返し取り組むうちに「考える力」が自然と身に付くアプリとなっているという。また、保護者を対象とした幼児教育講座や幼児教育ワークショップも併せて提供される予定だという。

なお、パッケージ名および発売日、販売価格などについてはまだ未定だという。

がんばりマスター! シリーズ誕生

(小林行雄)