美しいローラが一変、生々しい傷跡のゾンビに

写真拡大

現在、東京・渋谷の街をジャックしている、映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」でハリウッドデビューを飾るローラの看板が、10月27日(木)より“ゾンビ化”することがわかった。

これは10月24日(月)〜11月13日(木)まで渋谷に掲出されている本作の看板を、ハロウィン期間限定(10月27日より順次〜10月31日)でゾンビ化(=アンデッド化)する特別企画。

「全てが終わる」のシリーズ最終章のキャッチコピーが書かれた看板で、白いドレスを着た美しいローラから一変、黒いドレスでゾンビ化(=アンデッド化)するローラ。見ると頬や額、あごには生々しい傷跡が……。さらには目も完全にゾンビ化している。

劇中では主人公・アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)とともに無数のアンデッドとの壮絶な“最終決戦”に挑む女戦士・コバルト役を熱演。ローラのゾンビ姿は、ハロウィン期間中の渋谷でしか見ることができない貴重な姿だ。

このゾンビ姿のローラはCGなどの加工はせず、直接メイクを施した姿。ローラも「映画の撮影中ではアンデッド・メイクはしなかったけど、アンデッドになるのは新鮮で楽しかった! 渋谷に遊びに来るみんなもハロウィンと冬の『バイオハザード:ザ・ファイナル』を楽しんで!」とコメントを寄せている。

映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」は12月23日より世界最速公開。