フィアット500の派生MPVモデルである「500L」の改良型プロトタイプが輸送中の姿を撮影に成功しました。

1

「500L」は2013年から発売されているグローバルモデルで、「500」の派生モデルでありながら、異なるプラットフォームが採用されています。

通常、改良型プロトタイプは前後バンパーが擬装されている程度ですが、今回捉えたプロトタイプは、フェイスリフトとは思えないフルカモフラージュが施されているのが特徴です。

擬装されたバンパーのネット奥には、「500」の改良型と同様にハニカムメッシュになった新エアインテークが確認でき、フロントエンドは一新される様子です。そのほかヘッドライト、ボンネット、テールライト、リアゲートまでリフレッシュされているようで、大幅改良される可能性が高いです。

室内では、フィアット・クライスラーオートモービルの最新インフォテインメントシステム「Uconnect」を装備、車両情報をはじめとして様々な情報をコントロール可能にします。

ワールドプレミアは2018年初頭が噂されています。

(APOLLO)

輸送中の姿を捕捉!激変するフィアット500L改良型(http://clicccar.com/2016/10/27/411681/)