写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トライベック・ストラテジーは、業界向け潜在層囲い込み「コンテンツマーケティングシリーズ」の第1弾として、「地方銀行向け投資教育ソリューション」の販売を開始したと発表した。

同ソリューションは、若者層を地方銀行が取り込むためのもので、金融経済教育推進会議が提供する金融リテラシー・マップに沿った8つのテーマで配信される投資教育コンテンツによる集客や、独自のマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI experience」による潜在顧客の育成を行うものとなっている。

3段階のステップでの施策が展開され、ステップ1として、集客コストを抑え、提供コンテンツが集客面で貢献できるようSEO施策を提供。ステップ2として、高いユーザビリティ品質を備えるUI設計を施したページテンプレートを提供し、サイト来訪や記事閲覧時での満足度を向上。そしてステップ3として、HIRAMEKI experienceを用いて、サイト効果を正しく見える化、といったものとなっている。

なお、価格は初期費用が100万円〜(税別)、月額費用は8万円〜(税別)となっている。