夫の故郷パリで念願の第1号店をオープン! Photo by Pascal Le Segretain/
Getty Images for Yummy Pop

写真拡大

 米女優のスカーレット・ヨハンソンが、夫でフランス人ジャーナリストのロマン・ドリアックの故郷である仏パリにポップコーン店「Yummy Pop」をオープンさせた。店はドリアックとの共同経営で、パリの第1号店が成功を収めれば、別の場所への進出も計画しているという。英デイリーメールオンラインなどが報じている。

 開店当日、ヨハンソンは通りを埋め尽くすほどの列を成した客に、自らポップコーンを販売。紺と白のボーダーのカットソーというフレンチカジュアルスタイルで登場し、「Yummy Pop」のロゴがあしらわれたエプロンを付けて笑顔を弾けさせた。

 ヨハンソンは、「アメリカのお気に入りのスナックのお店をヨーロッパのお気に入りの都市で開店することが、私と家族のここ数年の夢だったの!」「これは好きではじめた仕事で、美味しいものを食べるのが大好きな私の熱意なんです。『Yummy Pop』がパリの人たちのおなじみのスナックになって、私が最も愛する2大都市であるパリとニューヨークの友情の象徴になることを祈っています」とコメントしている。