ヤラ・マルティネス
 - Greg Doherty / Getty Images

写真拡大

 フルシーズンの製作が決まったマイケル・ウェザリー主演の新ドラマ「ブル(原題) / Bull」に「ジェーン・ザ・ヴァージン」のヤラ・マルティネスがキャスティングされたとTV Insiderが報じた。

 「ブル(原題)」は、心理学者にしてトークショー「ドクター・フィル(原題) / Dr. Phil」の司会者であるフィル・マッグロウが、陪審員の選出を手助けするコンサルタントをしていた時期を基にしたドラマ。マイケルが、弁護士の戦略にあった陪審員を選出するため分析を行うコンサルタント会社のトップ、ドクター・ブルを演じている。

 「ジェーン・ザ・ヴァージン」で人工授精で処女のジェーンを妊娠させてしまった女医ルイーサ役で知られるヤラが演じるのは、イザベラ・コロン。ブルの元妻で、彼の弁護士仲間ベニー(フレディ・ロドリゲス)の姉妹でもあるという。

 ファッション、健康、ライフスタイル全般のブロガーとして成功を収めているイザベラは、自身のブランドで大金を稼いでいるそう。しかし、彼女の商品がある女性の死に関係している可能性が持ち上がったことで、元夫と兄弟に助けを求めるらしい。

 「ブル(原題)」は秋に始まった新番組の中でトップの視聴率を記録している。(澤田理沙)