写真提供:マイナビニュース

写真拡大

泉北高速鉄道は26日、新型特急車両の導入について発表した。車両形式は「泉北12000系」で、難波〜和泉中央間の特急「泉北ライナー」として、2017年2月から営業運転開始予定。南海電鉄12000系をベースに、外観・車内のデザインを大きく変更した。

泉北12000系は4両編成で、1編成あたりの座席数は242席。南海本線の特急「サザン」で活躍する南海電鉄12000系をベースとすることで投資額を抑制しつつ、外観は金色を基本色に青・黒のラインを施し、きらびやかで個性を持たせたデザインとした。和泉中央方先頭車両の車体側面に「泉北ライナー」のシンボルマークを配置し、中央の星は「新しさ」、京都オパールで装飾した周囲の4つの丸は「ニュータウンの4つの地域(泉ケ丘・栂・光明池・トリヴェール和泉)」を表現している。

車内はダークな木目を用いることで、落ち着きと安らぎの室内空間を演出した。シート色は車両ごとに異なり、シンボルマークの4つの丸と同系色(黄・紫・赤・緑)を採用している。バリアフリー化推進の一環で液晶ディスプレイ式の車内案内表示装置も搭載され、4カ国語表記や画像を用いた多彩な情報案内を行う。車内照明・前照灯も含めたすべての灯具にLEDを採用し、消費電力のさらなる削減を図った。

新型特急車両が導入される2017年は、泉北ニュータウンのまちびらき50周年、トリヴェール和泉のまちびらき25周年を迎えるアニバーサリーイヤーとなる。泉北12000系を通じて「ニュータウン活性化の一助となればと期待しています」「新たな『泉北ライナー』にご注目ください」と泉北高速鉄道は発表している。

(上新大介)