14年ソチ五輪の惨敗後、いち早く立て直しの成果を出し始めていた女子に比べ、低迷度合いを深めていたスピードスケート男子。だが今季は10月21日からの全日本距離別選手権で好記録が続出し、復活の芽を出し始めている。

 その中でも期待されるのは短距離の復活だが、今季はベテランの加藤条治が日本電産サンキョーの監督に就任しながらも現役を続け、一度は引退をしていた長島圭一郎(リカバリー)が現役復帰。そうしたなか、一本勝負になった500mを制したのは、今季からオランダ人のロビン・ダークスがヘッドコーチ(以下、HC)に就任したナショナルチーム・スプリント(短距離)に新加入していた、23歳の村上右磨(ゆうま/村上電気)だった。

 同じナショナルチームの藤野裕人と同走だった村上は100mを過ぎてからの残り400mを全選手最速の25秒41で滑って35秒08でゴール。昨年12月の全日本スプリントで出していた自己記録の35秒32を大きく更新して優勝をさらった。世界と戦うためにはここで34秒台は欲しいところだが、ここ2年この大会の優勝者の記録は35秒20〜40台と低迷していたことを考えれば、34秒台も狙える記録だ。今後ののびしろを考えれば、やっと期待できる選手が出てきたと言っていい。

「34秒台を狙っていましたが、1週間前の練習中にコーナーで転倒して、100m過ぎからの小さなコーナーの入り口でビビッてしまって。それに緊張しすぎてスタートで出遅れてバタバタしてしまったのもよくなかった。ナショナルチームには今年の5月から入りました。100mは去年の方が速かったけど、今年は後半が伸びるようになったので余裕ができてきたし、直線の滑りもよくなりました」

 こう話す村上は、昨年の全日本スプリントの500mで、初日が3位で2日目が4位。その結果を評価されてナショナルチーム入りを果たした。それまでは父親の忠則さんがコーチで練習を積み、北翔大を3年で中退した昨年からは父親が営む電気の保守管理業の村上電気管理事務所で働き、電験三種(第三種電気主任技術者)の取得を目指しながら競技を続けていた。

「中学、高校、大学といい成績が出ていなかったので何度もやめようと思ったけど、高校の時は島崎京子さん(長野五輪まで3大会連続五輪出場。日本女子初の500mW杯種目別総合優勝)に教えてもらってインターハイで3位になれた。大学3年でやめようと思った時もパワーリフティングの日本記録保持者の方とたまたま出会って指導を受けたら、35秒台が出て、そこでもう少し続けてみようと思いました」

 去年の夏は仕事もしていたため、週にウエイトトレーニングを5時間ほどやるだけだったが、ナショナルチームに入った今年は30時間以上になっている。

「今年はナショナルチームで毎日練習していたので集中もできたし、コーナーの技術もコーナーロープの使い方を教わったので、陸上でそのイメージができたのもよかったと思う。パワーはあるんですが、まだ体幹が弱いので体がブレるし、コーナーの技術も課題です。まだ世界と戦ったことがないので、これからW杯に出てどれだけ通用するかを学び、世界とどう戦っていくかをコーチと相談しながらやっていきたいです」

 世界初参戦となる村上は異色の新星と言えるが、この大会ではこれまで期待されていた選手も好記録を出して日本男子復活への期待を高めてくれた。その一番手が、昨季の世界距離別選手権のマススタートで5位になっている中村奨太(ロジネットジャパン)だ。13年ジュニアW杯ファイナル1500mで3位に入って期待されていた選手だが、ソチ五輪代表は入りはならず、その後も年下のウィリアムソン師円(シェーン/日本電産サンキョー)などの後塵を拝していた。

 だが今回は、2日目の1500mで1分46秒26の国内最高記録で、3年ぶりの優勝を果たした。この記録は08年にデニー・モリソン(カナダ)が出したリンクレコードにも、あと1秒02まで迫るものだった。さらに2位の近藤太郎(専修大)も好記録を出し、3位の師円と4位の小田卓朗(水戸開研)も大会記録を更新するなど、全体的にレベルの高い戦いになった。

「最初の300mは想定通りで、700mは少し遅いかなと思ったんですけど、小田とはあまり離れていなかったのでそのまま勢いを維持していけた。正直、自分は太郎よりもスピードがないので勝てるとは思っていなかったし、昨日の5000mの疲れもあったのでタイムがここまで出るとは思っていませんでした。コーチのヨハンもビックリしていました」

 中村は、昨季からナショナルチーム・オールラウンド(中距離)のHCに就任したヨハン・デヴィットにこう最初に言われたという。

「プロフェッショナルになれ」

 ナショナルチーム・スプリントのロビン・ダークスHCも「オランダの選手は30位まで激戦なので、すべての選手がプロフェッショナル意識を持って取り組んでいるが、日本の場合は強い選手が3〜4人しかいないので、競い合う意識が少なかったと思う」と話す。デヴィットが言ったのも、まさにそんな意識からだった。

「ヨハンに言われてやるべきことがはっきりしたし、練習の時もひとつひとつ考えるようになりました」

 今季はナショナルチームに、昨季までチームでオランダに行っていた師円が入ってきたことも大きな刺激になっている。2位になった近藤も、「去年のナショナルチームの練習もきつかったけど、今年は師円も入ってきたことで、それよりもトレーニングの負荷をかけています。みんなのレベルが上がっている環境の中で練習できることで、力もついてきていると思う」とナショナルチームの効果を口にする。

 初日の5000mでは、自身が14年に出していた記録を3秒01更新する6分26秒75の大会記録で優勝した師円はこう語る。

「2年前にオランダでヨハンの指導を受けていたんですが、その時、量より質だったんです。でも、日本に帰ってきたら量も増えていたので、『ヨハンも日本人向けの考えになったのかな』と思いました(笑)。それは彼が日本人に合った練習法を考えている表れだと思うし、効率が下がるギリギリまで追い込んで、限界を超えようとする練習をしていました。その練習では、なかなか氷上に噛み合ってこないなと思っていたところ、今回想像以上のタイムが出ました。この5000mのタイムなら間違いなくW杯でもディビジョンAで戦えると思うので、そこで結果を出すのが今季の目標です。そのためにも今回のように100%の力を出せる調整力を身につけたいと思います」

 師円は「チーム全体がスピードも持久力も上がっているので、チームパシュートも上位を狙えるようになるはず」とも言う。女子に続き男子もまた、18年の平昌五輪へ向けて、上がり目を見せる準備が整ってきたようだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi