経験豊富なベテラン勢にタジタジ

写真拡大

 女優の杏が10月26日、東京・築地の浜離宮朝日ホールで行われた初主演映画「オケ老人!」のプレミア試写会に、共演の黒島結菜、坂口健太郎、笹野高史、左とん平、小松政夫、石倉三郎、藤田弓子、茅島成美、細川徹監督、原作者の荒木源氏とともに出席した。

 撮影時には小松、左、石倉、笹野らベテラン勢のマシンガントークが止まらず、若手キャストは「笑いを我慢するのに必死でした」(黒島)、「どこまでがアドリブかわからないくらいにぎやかで楽しい現場でした」(坂口)と声をそろえる。だが「その勢いに押されていたのでは?」と問われた坂口は、「時々吸い取られる……。押される瞬間がありました」と暴露し、場内を笑わせた。

 一方の杏も、フォトセッション時にしゃべり続けるベララン勢に「皆さん(カメラを)見てくださ〜い」と声をかけるなどタジタジの様子。さらに立ち位置を間違えた小松の手をとり、正しい位置に誘導するなど常に気を配っていた。そんな若き“座長”に対し、共演陣は「現場ではみんなを把握して、『ついてこい』って感じで安心してできましたよね?」(藤田)、「ええ、そりゃあもう」(小松)と全幅の信頼を寄せていた。

 また、細川監督も「子どもの頃から見ていたザ・スターの皆さんが、これだけそろうってなかなかない。“昭和のアベンジャーズ”みたいなもの。素晴らしく幸せで、ばかみたいなシーンを撮っている時もグッときたりして。今も一緒に並べて、嬉しいです」とニッコリ。また笹野は、「撮影のために去年の9月に集まった時は、素敵な先輩や杏ちゃんと映画ができる喜びに満ちていた。その反面、果たして完成披露の時に全員そろうのか、誰かが欠けているのではと思っていたので、今日は全員そろってほっとしております」と笑いを誘ったが、左に「おい、誰のことを言っているんだ!」とツッコミを入れられていた。

 荒木氏の同名小説を実写映画化した本作は、老人だらけのアマチュアオーケストラ「梅が岡交響楽団」(通称・梅響)の指揮者を任された高校教師・千鶴(杏)の奮闘を描く。「オケ老人!」は、11月11日から全国公開。