「闇金ドッグス」の第4、5弾が公開決定 (C)2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会

写真拡大

 闇金融をテーマに山田裕貴らの主演で描く映画「闇金ドッグス」のシリーズ4、5作目となる「闇金ドッグス4」「闇金ドッグス5」が、製作・公開されることが決まった。

 闇金を題材に欲望うずまく裏社会に生きる人間たちを描く「闇金ドッグス」は、これまでに3作が公開されてきた人気シリーズだ。山田が演じる闇金業者「ラストファイナンス」の社長・安藤忠臣を主人公に、第1弾が2015年1月に公開。16年の4、5月には「闇金ドッグス2」「闇金ドッグス3」が連続公開され、「3」では、第1弾から出演していた青木玄徳の演じるラストファイナンスの社員・須藤司が主人公となった。

 新たに製作される「4」では、山田扮する安藤が1、2作目以来に主人公を務める。かつて忠臣がヤクザをしていた頃に兄貴分として尊敬していた豊田が、10年ぶりに出所したことをきっかけに、安藤の過去につながる新たな物語が描かれる。続けて公開される「5」では、青木の演じる須藤が再び主人公となり、結婚詐欺を繰り返していた須藤のもとに、「あなたの奥様が借金をして、飛んだ。夫である貴方には支払いの義務がある」という電話が入ったことから物語が動き出す。

 山田は「シリーズを重ねていく事で、役に対してより深く深く掘り下げられると思います。パート4では、忠臣の過去が出てきます。その中で見せる今までにない忠臣の表情などを楽しめて演じられたらと思います」と意気込み、青木は「いやー、ヤバいんじゃないですか。ヤバい。この一言で内容を表現できます。前回よりも話がめっちゃ重くなっていきますので、『闇金ドッグス』のファンになって頂いている方には、愛してもらえるんじゃないかなと思います」と話している。

 山田、青木のほか、「4」には升毅、高橋ユウ、木村祐一、「5」には菅原大吉、荒木宏文らが出演。過去3作も担当した池谷雅夫がオリジナルストーリーとなる脚本を手がけ、「ガチバン」シリーズの元木隆史監督がメガホンをとる。

 「闇金ドッグス4」は12月10日から、「闇金ドッグス5」は17年1月14日から公開。