左からシャオユー、小球、ウェイ・ダーション監督、米非、スミン

写真拡大 (全2枚)

(台北 26日 中央社)ウェイ・ダーション(魏徳聖)監督の最新作「52Hz, I Love You」(台湾で来年1月26日公開)の出演者が26日、発表された。メーンキャストはいずれも音楽バンドのボーカル。「宇宙人」のシャオユー(小玉)、「図騰楽団」のスミン(舒米恩)、「棉花糖」の小球、「小男孩」の米非らがラブストーリーを織り成す。

ウェイ監督は、バンドのボーカルは親しみやすく、常に多くの人と接する機会があると指摘。映画を見た人が、自分や友達を見ているような感覚を覚えるだろうと語り、大きな力を持つ4人を「台風」と表現し、合わせて一つの「猛烈な台風になれば」と期待を示した。

同作はウェイ監督にとって「海角七号 君想う、国境の南」以来9年ぶりとなる現代の生活を題材にした物語。先月10日に前売り券が発売されたばかりだが、すでに大きな注目を集めている。

ウェイ監督は、見終わった後に幸せで満足した気分になってくれればと語り、出来栄えに自信をみせた。

(王靖怡/編集:齊藤啓介)