写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優・山田裕貴が主演を務め、闇金の世界を描いた人気シリーズ映画『闇金ドッグス』の第4作と第5作が制作され、『闇金ドッグス4』が12月10日に、『闇金ドッグス5』が来年1月14日に公開されることが26日、発表された。

山田が演じるのは、闇金・ラストファイナンス社長・安藤忠臣。若くしてヤクザの親分になったものの足を洗って闇金業者へと転身し、青木玄徳演じる元ホスト・須藤司(青木玄徳)と共に日々債務者を追い込んでいく。山田、青木のほか、升毅、高橋ユウ、菅原大吉、荒木宏文、木村祐一らが出演する。

パート4では、忠臣のヤクザ時代の大兄貴分・豊田(升毅)が10年を経て出所し、あるきっかけで喫茶店店員・元子(高橋ユウ)の借金の肩代わりに。パート5では、契約社員・沼岸光夫(菅原大吉)が困窮しながらも必死で認知症の母を養う。金に困った両者は、ラストファイナンスを訪れる。

今回の発表を受け、山田は、「本当に嬉しいです。シリーズを重ねていく事で、役に対してより深く深く掘り下げられると思います」と感激。共演の青木は、「いやー、ヤバいんじゃないですか。ヤバい。この一言で内容を表現できます」と説明し、実際に起こった出来事を引用している描写があることにも触れながら、「かなりヤバい事になると思います」と興奮気味に語っている。

(C)2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会