苦労してゲンガーに進化させたばかり…
 - Brendon Thorne / Getty Images

写真拡大

 今年7月にリリースされたスマートフォン向けゲーム「Pokemon Go」の初となるゲーム内イベントが本日から開始された。リリースから約3か月が経過し、爆発的な人気はやや落ち着いたと思われていた同ゲームだが、ネットにはハロウィーンに絡めた今回のイベントへの感想などが数多く上がっていた。

 日本はもちろん世界中で大ブームとなったポケモン・任天堂・Nianticによるスマートフォン用アプリ「Pokemon GO」。今回の初イベントでは、26日から11月2日にわたって「Pokemon Go」でハロウィーンを楽しむためのイベントを行っている。公式サイトによると期間中はゴーストタイプのポケモンなど、ハロウィーンにお似合いのポケモンがいつもよりたくさん出現するようになっており、ゲーム内のアイテムである「アメ」も普段より多くもらえるようになっているという。

 日本だけでなく世界中で同時開催されているこのイベント。時差の関係上、世界に先駆けてゴーストタイプのポケモンが多く出現するようになった日本に住んでいるポケモントレーナーたちはTwitterで、「今日だけでゴース出すぎ」「ゴースやらゲンガーばっかりやな……」「ゲンガー出てくる!」と次々に反応。なかには「ゲンガーほしいから再開した」「ゲンガー出るの? 久しぶりにやろっかな」と同ゲームから離れていたユーザーが再びポケモントレーナーとして復帰しようとする声も上がっていた。(編集部・海江田宗)