満員の埼スタで勝利を! 最終予選サウジ戦のチケットが完売、当日券販売なし

写真拡大

 11月15日に行われる2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選で、日本代表はサウジアラビア代表を埼玉スタジアム2002に迎える。日本サッカー協会(JFA)は26日、同試合の観戦チケットが完売したことを発表した。

https://twitter.com/JFA/status/791198459483127808

 11月15日19時35分キックオフ予定の同試合は、観戦チケットが前売りの段階で完売。当日券の販売は行われない。

 日本代表は最終予選第4節を終えて2勝1分け1敗、勝ち点「7」で3位となっている。サウジアラビア代表は3勝1分けの勝ち点「10」で首位。3ポイント差で迎えるホームゲーム、是が非でも勝利を収めなければならない一戦だ。

 日本代表は11月11日に「キリンチャレンジカップ2016」でオマーン代表と対戦した後、サウジアラビア代表との一戦に臨む予定となっている。