デートに合う作品はどれ? 「東京国際映画祭」で迷ったら観たい“コンペ部門オススメ作品”はコレだ!

写真拡大

11月3日(木・祝)まで開催中の「東京国際映画祭」。今回は、同映画祭のプログラミング・ディレクターである矢田部吉彦さんと、ナビゲーターを務める女優・映画監督の松本花奈さんによる対談をお届けします。今年も各国から注目作が揃った「コンペティション部門」。ふたりの気になる作品はいかに?

【リサーチ】東京国際映画祭「コンペ部門」16作、いちばん気になる作品はどれ? 全作品情報まとめ

映画祭は、ロックフェスのような楽しいイベント!

――松本さんは、幼少時より子役として活動を始め、中学時代より映像制作をスタート。高校時代の2016年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品した『脱脱脱脱17』がオフシアター・コンペティション部門の審査員特別賞を受賞。プチョン国際ファンタスティック映画祭でも上映され、新世代の旗手と言われている。

現在、大学生でもある彼女にとって、東京国際映画祭はどういう印象なのだろうか?

松本「映画祭のよさって、映画を観ることだけではなく、普段は映画をあまり観ない人も楽しめるような、“イベントを楽しむ”っていうことなのかなと思います。でも、東京国際映画祭は少し敷居が高いかなというのも、正直な印象です」

矢田部「そうなんですよね。私たちも、『ロック・フェスティバルと同じようなものなんですよ』ということをアピールしているのですが…」

松本「レッドカーペットを歩くスターたちの姿を見ると、『別世界の出来事、自分には関係のないイベントなんだ』と思ってしまうんです」

矢田部「そこなんですね。確かに、映画祭を宣伝するのにはレッドカーペットは格好の材料なのですが、逆に映画を観る観客を遠ざけているのは事実かも知れませんね。皮肉な話です。一般的に見ても、現在は若い世代の映画人口は減ってきています。

でも、東京国際映画祭に限っていえば、若年層の観客は年々増えては来てるんですよ。学生は当日券500円になっていて、それも大きいと思います」

エンターテイメント性の強い問題作を選出

――通常、国際映画祭のコンペティションといえば、アート系の作品が中心となるが、東京国際映画祭では、そこに留まらない作品選びを心掛けているという。

矢田部「私がコンペ作品の選定に携わってから今年で10年目なのですが、転機となったのは2011年の『最強のふたり』ですね。出張で訪れたフランスで試写を観て、最高に面白かったのですが、いわゆるアート作品ではない。

コンペ部門の選定において、エンタテインメント性と、作家性のバランスをどう考えるかが難しいのですが、1ヵ月悩んだ末に、決めました。それが見事にグランプリを獲得した。それを見た日本の会社が配給に乗り出し、翌年記録的なヒットを飛ばしたのです」

松本「私も映画を作っていて、エンタテインメントって何だろうというのは、常に考えています。観終わって面白いだけではなく、何かしらの感情が揺さぶられる。映画を観たことで、落ち込んで暗くなったとしても、エンタテインメントではないかと」

矢田部「そうですね。観ている間は不快なのに、終わると『いい映画だったな』と思えることは多い。そこが映画の奥深さなのかなと思います」

コンペから見える、世界のいま

松本「今年のコンペ作品の傾向はありますか?」

矢田部「欧米の作品でいえば、今年は移民、難民を扱った作品が多かった。それだけ身近な問題なのだと思います。世界の現状を描くというのは、映画の大きな役割。しかし、それだけではお勉強の時間になってしまうので、観ていて楽しくない。ですから、まずは映画として面白いことを重視して、そのうえで問題意識も感じられるという作品を残しました」

――今年の応募作は1502本。その中から地域ごとにわけて作品選定をしていき、16本の作品に絞ったのだそう。

矢田部「欧米の映画祭と比較すると、偏りなく世界中の地域から作品を選定しているのが東京国際映画祭の特徴といえます。ただ、馴染みがない地域の作品だけに、その魅力をどう伝えていくのかが課題。

今回、コンペに選定した日本映画『アズミ・ハルコは行方不明』は蒼井優さんや高畑充希さんなど人気女優が出演しており、一般の方にもアピールできる作品です。『この作品とグランプリを競うのは、どんな作品なんだろう?』という気軽な気持ちで、コンペ作品を観に来ていただければうれしいですね」

1502本から選ばれたコンペ作。特にオススメはこの作品!

――16本のコンペ作品の中、ふたりが特に注目している作品は何なのだろうか?

矢田部「エンタテインメント性という意味で、もっとも注目しているのは『天才バレエダンサーの皮肉な運命』。

映画祭で上映されるロシア映画というと、アート志向が強い印象があると思うのですが、これはそのイメージを覆してくれるヒューマン・コメディなんです。実在のロシアバレエ界の有名人が実名で登場し、虚構と現実が入り混じった展開になっています。

社会問題が反映されているものでいえば『7分間』。イタリアの女性労働者とフランスの資本家をめぐるディスカッション映画なのですが、俳優たちの演技が素晴らしく、スリリングなエンタテインメントになっています」

松本「私は、主人公が映画監督なのと、原作が日本の戯曲ということで『シェッド・スキン・パパ』が気になっています。これ、主人公のお父さんが脱皮するんですよね?(笑)」

矢田部「そうです。脱皮するたびに若返っていく。でも奇想天外なだけではなく、父と息子の物語、また夫婦の物語、さらに香港の歴史も描いていて奥深い」

松本「コンペ作品では、家族をテーマにしたものが多い印象です」

矢田部「ヒューマンドラマの基本はホームドラマなので、それは必然ですね。その中で松本さんに特にオススメしたいのは、新人の女性監督ハナ・ユシッチによる『私に構わないで』ですね。

ヒロインは20代半ばなのですが、家族全員を養わなければならない境遇。しかし家族を捨てて、自分の人生を生きたいという葛藤にとらわれています。

この作品が面白いのは、後半に家族への愛が噴出するところ。最初は憎々しい家族が、愛すべき存在に見えてくる。さらに映像センスが抜群で、松本さんのような若いクリエイターには参考になるはずです」

デートに最適な作品は?

松本「今年の日本映画は?」

矢田部「昨年は、ベテラン、中堅、若手という3人の作品でしたが、今年は次のステップを目指している新鋭ふたりを選びました。昨年、同じ位置にいた深田晃司監督を選んだのですが、その後あっという間にカンヌ国際映画祭で受賞を果たした。今回のふたりの監督にも、深田監督に続いてもらいたいです。

『雪女』の杉野希妃監督は主演も兼ねているだけでなく、海外とのコネクションを作って国際共同制作をするなど、プロデュース能力に長けていますよね。松本さんは、これからどんな作品を作っていきたいのですか?」

松本「私は青春映画を作っていきたいです。ただ、中高生や同世代ということではなくて、大人たちのこじらせた青春に興味があります。ちょっとファンタジーチックな」

矢田部「それなら、アメリカの『浮き草たち』がオススメですね。まさに、大人になりきれない人たちを描いている。

サスペンスタッチの恋愛映画で、今後ブレイクしそうな予感のカラム・ターナーという俳優が主演です。普段アート系はあまり観ない方にも、入りやすいということでもよいかと。国際映画祭のコンペ作品ということではなく、デートで観る作品としても最適です」

映画の好みはさまざまだが、1502本の中から選ばれたコンペ16作品は、見どころ満載の作品が揃っている。あなたのグランプリを確かめに行ってみてはいかがだろうか。

第29回東京国際映画祭
11月3日(木・祝)まで、六本木ヒルズ、EXシアター六本木 ほかにて開催中