25日、韓国メディアによると、韓国の歴史作家が「安重根の遺骨は日本にある」と主張した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は旅順刑務所。

写真拡大

2016年10月25日、韓国・朝鮮日報によると、韓国の歴史作家が「安重根(アン・ジュングン)の遺骨は日本にある」と主張した。

安重根は1909年10月26日、旧満州のハルビン駅構内で伊藤博文を暗殺した。韓国の歴史作家ホ・フン氏によると、日本は安重根を日本に移送しようとしたが、米英からの圧力があり、裁判は旅順刑務所で行われたという。安重根は1910年2月14日に死刑を宣告され、同年3月26日に処刑された。処刑の2日前、安重根は家族に「私が死んだらハルビン公園に埋葬し、祖国が主権を取り戻したら祖国に戻してほしい」と頼んだ。安重根がハルビン公園を選んだ理由について、ホ氏は「自分の遺体が日本に移送されることを恐れ、日本と反対方向に離れた場所に埋葬されることを望んだ」と説明した。しかし、遺体は家族に引き渡されなかったため、ハルビン公園には埋葬されなかった。

韓国国家報勲処は安重根の遺骨が旅順刑務所の囚人墓地に埋葬されているとみて、1980年代以降、数回にわたり発掘調査を行ったが、見つけることはできなかった。一方、ホ氏は「安重根の遺骨は伊藤博文の墓に屈辱的に埋められている」とみている。そのため、日本政府は伊藤博文の墓を立ち入り禁止にし、いまだに遺骨に関する資料を公表できずにいるのだという。ホ氏は「日本に詳しい調査を繰り返し要求して国内外の関心を高めると共に、日本に関連の資料を提出するよう訴えかけるべき」と主張した。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「朴大統領にとって安重根はテロリストで、父親(朴正煕元大統領)は偉大な首領なのだろう」

「偉大な安重根義士。子孫の無能と無礼をお許しください」

「いまだに安重根義士の遺骨がどこにあるかさえ分からない。日本?ハルビン?韓国?本当にもどかしい」

「これまでに安重根義士の遺骨を本気で探そうとした政府はない」

「伊藤博文の墓に屈辱的に埋められている?考えただけでぞっとする」

「韓国に戻ってこない方がいい。親日政府の歴史教育のせいで、最近の若者は安重根義士の顔や名前すら知らない」(翻訳・編集/堂本)