来日中のフィリピンのドゥテルテ大統領は26日、先週実施した中国訪問について、経済問題について意見交換を行ったと説明した上で、軍事問題や同盟関係については話さなかったと表明した。都内で講演した。

 一方、ドゥテルテ大統領は「友人や隣国にけんかを売るつもりはないが、大統領として尊厳を持って立ち上がるべきときだと考えている」とも主張し、米国との防衛関係を見直す可能性をあらためて示唆した。

 ドゥテルテ大統領は就任以来、反米発言を繰り返す一方で中国に接近する姿勢を示しており、大統領の外交政策に警戒感が広がっている。

[東京 26日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます