写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日経リサーチは10月26日、日経リサーチアワード「企業ブランド大賞2016」の表彰6企業を選定した。

○大賞受賞企業は6社

同社は、2016年6〜7月に実施した企業のブランド価値を測定する「ブランド戦略サーベイ2016」(対象企業580社)の結果を基に、審査委員会で表彰企業ブランドを選定した。

○「企業ブランド大賞2016」(順不同)

ヤマト運輸は、総合偏差値「企業ブランド知覚指数(PQ=Perception Quotient)」が昨年4位から順位を上げて1位。審査委員は「物流への注目度が高まるなかで、長年優良なブランド経験を与えてきた同社が高く評価されるのは当然かもしれない。eコマースで消費者との接点もますます増えている」と評している。

グーグルは、総合PQが昨年6位から2位にアップ。審査委員は「AI(人工知能)への取り組みなどを評価したい。アルファ碁の活躍や自動運転車の開発など話題が多く、印象にも残っている」としている。

セイコーは、総合PQの上昇幅が上位100社の中で最大だった。審査委員は「老舗ブランドというだけでなく、近年の中価格帯での努力が実ってきているように感じられる。品質に対する評価の上昇が総合PQを押し上げる好例になっている」としている。

(御木本千春)