リュークだ!

写真拡大

 安室奈美恵が新曲「Fighter」のミュージックビデオで、映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)とコラボした。

 「Fighter」は同映画の劇中歌で、前作に引き続き戸田恵梨香が演じる“ミサミサ”こと、弥海砂の目線から描かれたアグレッシブなダンスナンバー。どんなに批判されようと何を犠牲にしようと、自分は愛するあなたへの思いを貫くために戦うファイター(戦士)でありたいという強い信念が込められた楽曲となっている。

 ミュージックビデオには、映画に出てくるリューク、アーマ、ベポ、3体の死神が登場。安室と『デスノート』の世界が融合したダークファンタジーな作品に仕上がっている。安室が女性ダンサーを従え、激しく踊るダンスシーンにも注目だ。

 『デスノート Light up the NEW world』の主題歌「Dear Diary」を含む両A面シングル「Dear Diary / Fighter」は26日より発売中。(編集部・中山雄一朗)