宮沢と杉咲は本作で初共演 (C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

写真拡大

 宮沢りえ、オダギリジョー、杉咲花、松坂桃李ら人気俳優が顔をそろえた「湯を沸かすほどの熱い愛」の本編映像が、公開された。

 銭湯「幸の湯」は、店主・一浩(オダギリ)の失踪以来、休業状態が続いていた。女将の双葉(宮沢)はパートで生活費を稼ぎ、女手1つで娘の安澄(杉咲)を育てていたが、ある日末期がんで余命宣告をされてしまう。双葉は、残り2カ月の人生で、夫の一浩を連れ戻して銭湯を再開させ、学校でいじめを受けている安澄と真しに向き合い、家族の成長を促していく。

 公開されたのは、双葉の安澄に向けた深い愛情がうかがえる重要シーン。制服を絵の具で汚されるなど、悪質ないじめに耐えかねて布団から出てこない安澄を、双葉は無理やり引きずり出し、学校へ行くように促す。自身の命が残り短いことを打ち明けられず、「今日諦めたら2度と行けなくなる」と娘を叱咤(しった)することしかできない双葉と、「じゃあ行かない。2度と行かない!」と心身共に追いつめられた安澄、双方の心情がぶつかり合う切ない場面だ。階下から深刻な表情で2人の様子を見守る一浩と連れ子の鮎子(伊東蒼)の姿も描かれ、家族がどのように結束していくのか、先の展開が気にかかる内容となっている。

 「湯を沸かすほどの熱い愛」は、松坂が双葉が旅行中に出会うヒッチハイカー・拓海を演じているほか、篠原ゆき子、駿河太郎がそれぞれキーキャラクターに扮している。自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太監督が、商業映画デビューを飾った。10月29日から全国公開。