Doctors Me(ドクターズミー)- 獣医おすすめ!健康効果が高い犬猫ベスト3 ペットと健康寿命の密接な関係

写真拡大 (全3枚)

ペットを飼っている方も多いと思いますが、実はアニマルセラピーと呼ばれることがあるくらい、動物と触れ合うと人間の心身に大きな影響を与えます。

今回は「ペットを飼うと寿命が延びて健康になる!?獣医おすすめペットBEST3」と題し、動物が及ぼす人間への癒し効果、獣医おすすめのペットを聞いてみました。

動物が人間に及ぼす癒し効果

◎喜怒哀楽の感情が豊かで、それを素直に表現する

◎被毛などの手触り

◎体温が高く、ぬくもりを感じるところ

◎人間に懐き、気持ちを通い合わせることができる

人間側に起こる心身の変化

身体面


・動物を世話する活動から日常の運動量が増える
・情緒が安定することで免疫系が高まる
・血圧が安定する
・動物に話しかけることで発語の機会が増える

精神面


・ストレスが緩和
・情緒が安定する
・孤独感が減る
・飼育する責任感から、精神的にメリハリがつく

動物によって緩和される病気

不登校、引きこもりや抑うつ状態などの一部の精神疾患


動物に触れたり話しかけることでコミュニケーションのきっかけとなります。

認知症


動物と接することで発語やコミュニケーションが増えたり、動物の話をするようになるなどと記憶する力が賦活されるためです。
 

高血圧


動物と接することでのリラックス効果によりますが、重度な高血圧は除きます。

運動不足


動物に触れたり、世話をすることで日常生活の運動量や活動量が増えることで、リハビリテーションになります。

小児がん


動物とのスキンシップによるリラックス効果により、ストレスが軽減したり免疫系が賦活されるため

高齢者の方が動物を飼う上で注意する点

■大型犬など、運動量が豊富で力が強い動物は避ける

■動物の食費や通院費など、経済的負担に無理がないか検討しておく

■ダニやノミなど人間も感染する寄生虫などの感染症に対し、抵抗力が弱い場合があるので日常的な予防は必ずするようにする

■自身で動物を動物病院に連れていけないケースを想定して、往診が可能な動物病院を見つけておく

■飼う動物の寿命を考慮し、万が一動物より先に飼い主が先立った場合の対処をあらかじめ決めておく

獣医師がおすすめする健康効果が高い犬の種類BEST3


1位:トイプードル


賢く、飼い主とのコミュニケーションもよく取れます。

病気にも比較的強いので飼育しやすく、散歩などで運動させる必要もあるが運動強度はさほど強くないです。

2位:ミニチュアダックスフント


陽気な性格で飼いやすい。椎間板ヘルニアなどに注意する必要はあるが、散歩などで運動させたりと関わる時間は多いです。

3位:ゴールデンレトリバー


アニマルセラピーの現場でも活躍し、穏やかで優しくて癒し効果は抜群です。

ただし力が強く運動量はかなり多いので、飼育は大変な部類に入りますので、飼育環境に注意しましょう。

獣医師がおすすめする健康効果が高い猫の種類BEST3


1位:日本猫(和系雑種)


気性が穏やかで病気にも強いため、大きな心配なく飼える。

2位:アメリカンショートヘア


環境への適応力があり友好的。比較的健康管理がしやすい。

必要な運動量が多いため飼い主が関わって遊んであげる必要があるなど、ふれあいが多くなります。

3位:マンチカン


友好的で陽気な性格。運動量は多いが、仕草がユニークでかわいらしいので飼い主を飽きさせません。

今後、人間とペットで期待される健康効果

ペットの飼育環境が向上して、以前よりも長寿になる傾向があります。 中高齢でのペットでも生活習慣病が見られるようになり、ペットの健康に注意することで飼い主自身の健康意識も高まるようです。

またペットがいることで生活リズムが整ったり、ペットとのコミュニケーションをとることで孤独感が減ったり責任感から気持ちにハリが出たりし、精神的にも健康が取り戻せます。

医師からのアドバイス

動物にも情緒があり、人間の言葉を理解するために高度なコミュニケーションが成り立ちます。 動物のかわいらしい外見や仕草、ぬくもりからだけでなく、こういったコミュニケーションからも動物から癒しを受けているのです。

またその癒しは精神的なものだけでなく身体的にもメリットがあります。また、そういったふれあいを動物の方も喜ぶものです。 動物を飼い、その健康に注意してあげることで、自分自身の健康や生活習慣を見直すよいきっかけになります。

最近のペットは長寿傾向にあると言われていますが、人間もペットもお互いに心身健康でよい関係を続けられるとよいですね

(監修:Doctors Me 獣医師)