「別格 信州ジビエ ザ★鹿肉バーガー」(720円)

写真拡大

JR東日本の首都圏エキナカに展開するハンバーガーとサンドイッチのファストフードチェーン「ベッカーズ」。11月1日(火)から、長野県産の鹿肉を使った「別格 信州ジビエ ザ★鹿肉バーガー」(720円)を限定発売する。

【写真を見る】今年でブランド誕生30周年を迎えた「ベッカーズ」

2013年に発売してから、累計実績約5万食を誇る同商品。ヨーロッパなどでジビエ(=野生鳥獣の肉)の一つと呼ばれ、貴重な高級食材として人気のあった鹿肉を使用する。

信州産鹿肉のクセの少ないミートパティと、信州産あわび茸に鹿肉の旨みを加えた特製デミグラスソースを合わせ、自家焼成の酒種バンズで挟んだ季節限定の“ジビエ”バーガー。

注文後にミートパティを焼き、出来立てを提供する“別格”シリーズ。鹿肉とあわび茸の持つ上品な香りも楽しめる。

提供食数は好評を受けて、昨年よりの約3割多い2万食。販売予定は来年1月末日までとなるだけに、今冬に必ず食べておきたいグルメバーガーとなっている。【ウォーカープラス編集部/コタニ】