25日、元フェイルンハイのウーズンが、中国版ツイッターの検索ワードで急に1位になったことに驚きの声を上げている。写真はウーズン。

写真拡大

2016年10月25日、元フェイルンハイ(飛輪海)のウーズン(呉尊)が、中国版ツイッターの検索ワードで急に1位になったことに驚きの声を上げている。東森新聞網が伝えた。

【その他の写真】

人気ユニット・フェイルンハイの元メンバーで俳優のウーズンが25日、「食事のあとに自分が1位になっているのを発見した。みんな、僕が恋しいの?」と中国版ツイッターでメッセージを公開し、驚きを伝えた。

それもそのはずで、ウーズンは2014年に中国のリアリティー番組「パパ、どこ行くの?」に長女を連れて親子出演して以来、目立った芸能活動をしていない。ウーズンは13年、既婚者であることをカミングアウトし、長女の存在も明らかに。その後、「パパ、どこ行くの?」を除き、家庭生活を重視して芸能活動をセーブしている。

中華圏の芸能界では最近、人気タレントが絡む不倫騒ぎや、元夫婦のタレント同士の罵倒合戦など、生々しい騒動が続いている。このため、円満な家庭生活を送り、よきパパであるウーズンが人々の頭に浮かび、近況を検索する人が急増したのが理由のようだ。(翻訳・編集/Mathilda)