鶴岡八幡宮そばのドイツパンの店! ランチにもおすすめ「Bergfeld(ベルグフェルド)」

写真拡大

「パンめぐ」編集長がお届けする10月のマンスリーコラム「鎌倉のパン屋さん特集」。

地元民も愛する絶品パン屋さん「「Bergfeld」フォトギャラリー

第5回目は、鶴岡八幡宮からほど近い 「Bergfeld(ベルグフェルド)」です。

四季の中で一番過ごしやすく新麦も楽しめるこの時期、東京から1時間程度で行ける古都・鎌倉。日頃の疲れを癒しに週末、散歩がてら出かけてみては?

鶴岡八幡宮から徒歩10分。目の前には鎌倉特集の第3回目でご紹介した「ビゴの店 モン・ペシェ・ミニョン」があります。パン店の隣にカフェがあり、入口は別。

まずはパン店の方から。対面式の陳列棚、奥には食パンが並んでいます。

この日はカフェの方でランチを頂こうと決めていたので、おやつなパンのベルリーナあかねをオーダー。もちろんテイクアウトもできますが、隣のカフェで食べることもできるようですよ。(私はカフェで頂きました)

あんずジャムの入ったドイツ定番のドーナッツ。
ドイツ風ってどんな感じなんだろう?と思って頂きましたが、あっ、えっと、このパンに関しては日本で普通に売っているドーナッツの味でした(笑)

一度外にでて隣のカフェへ。席数は24席くらい。観光客の方というよりは地元の方が多いと感じました。

一番人気だというランチメニューである「ベルグサンド」。HPの表紙もこちらの写真になっているので看板メニューなのかもしれませんね。

ライ麦パンとボロナソーセージ、胚芽パンとツナサラダ、ホットドッグの3種類サンド。それにドリンクとスープ。ピクルスなどの添え物のセットです。

ライ麦やプンパニッケルなどのドイツパンらしいパンも置いてありましたが、日本人に馴染みのあるパンもあったりで、ドイツパン製法の店といってもバランス良いパンの種類。地元の人も気軽に食事に来ている感じでしたよ。

鎌倉パン屋さんめぐりの楽しさは、寺院や神社、そして海など散歩しながらパン屋さんめぐりをすることができること。

個性的な特徴あるパン屋さんが多いので、散歩の途中、小腹がすいたら立ち寄り、また散歩。ぶらり下調べなしで街のパン屋さんに入って新たな発見をするのも楽しいかも!

Bergfeld(ベルグフェルド)
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下3-9-24
電話番号:0467-24-2706
営業時間:9:00〜18:30 ランチは11:00〜
定休日:火曜・第三月曜