日本より上位  台湾のビジネス環境、世界11位=世銀調査

写真拡大

(ワシントン 26日 中央社)世界銀行は25日、ビジネスのしやすさを格付けした2017年版ビジネス環境報告書を発表した。それによると台湾は190カ国・地域中11位、アジア太平洋5位になったことが分かった。

1位はニュージーランド、2位はシンガポール、3位はデンマーク。香港、韓国がそれに続いた。日本は前年の32位から後退し34位。

台湾は「電力供給」で世界2位、「建築許可取得」で世界3位と高評価を獲得。「契約履行」、「不動産登記」、「会社設立」、「投資家保護」などは前年より順位を上げた。ただ、「資金調達」や「貿易」ではそれぞれ世界62位、同68位となり、低評価となった。

2013年に発表されたランキングでは世界18位だった台湾。翌年には19位となったが、2015年には11位に浮上していた。

(鄭崇生/編集:齊藤啓介)