馬英九前総統

写真拡大

(新北 26日 中央社)馬英九前総統は25日、1895年の乙未戦争などでの台湾人犠牲者数は人口の3.9%以上と、比率では、42年後の1937年に起きた抗日戦争における中国大陸住民のそれとほとんど変わらないと指摘し、「一部の人は台湾人は日本と戦っていないと主張するが、これはでたらめだ」と語った。

日本の台湾統治の終結を記念する「光復節」に当たる同日、馬氏は新北市の「李友邦将軍記念館」で行われた台湾光復71年記念特別展の開幕式に出席した。李氏は義勇隊を率いて抗日戦争に参加した台湾出身の人物。

乙未戦争は、清朝による日本への台湾割譲を受け、清の残留部隊や一部の台湾住民が、上陸した日本軍に抵抗しそれと戦ったもの。馬氏は、当時の日本軍は「殺し尽くし、焼き尽くし、奪い尽くす」という戦術をとり、北部の桃園、新竹、苗栗だけでなく、中南部での犠牲も凄惨(せいさん)なものだったと強調した。

開幕式には中国大陸の北京にある「中国人民抗日戦争記念館」の羅存康副館長も出席。抗日戦争時、台湾の人々は多大な貢献をしたとたたえた。

(黄旭昇/編集:杉野浩司)