10月26日に発売された「ラヴソング」のDVDジャケット/(C)2016 フジテレビジョン

写真拡大

ことし4月クールに、フジテレビ系で放送された“月9”ドラマ「ラヴソング」のDVD&Blu-rayが、10月26日に発売された。

【写真を見る】音楽を本業とする福山雅治と藤原さくらの作中での演奏シーンは注目を集めた/(C)2016 フジテレビジョン

同作は、音楽と距離を置いている神代(福山雅治)が、さくら(藤原さくら)の歌声と出会い、再び音楽への情熱を取り戻すヒューマンラブストーリー。福山自身3年ぶりの主演作で、シンガーソングライターの藤原がヒロインとして女優デビューしたことも大きな話題を集めた。

ヒロインの藤原は、'15年にメジャーデビューしたばかりの新人アーティストながら、オーディションで“月9”ヒロインの座を勝ち取り、音楽を本業とする福山と藤原の演奏シーンは音楽ファンからも注目を集めた。

また、劇中歌を福山が作詞・作曲したことでも話題となった本作だが、セル・レンタル共通特典映像では、劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」や新山詩織の「恋の中」、挿入歌「500マイル」、そして主題歌の「Soup」を収録。

さらにセル専用特典映像として、約50分にも及ぶ「スペシャルメイキング」では、藤原がヒロインに抜てきされる瞬間を収めた貴重なオーディション風景を収録。

藤原の歌唱審査に福山が飛び入り参加し、初対面から数分で行われた初セッションの様子や、藤原がオーディションに合格し、驚きと喜びのキュートな表情を見せるヒロイン決定の舞台裏も収められている。

また、撮影裏側として福山自身も驚きのNGとなってしまった場面や、「制作発表記者会見」の様子、出演者たちが作品への思いを話すクランクアップの様子など、ここでしか見ることができない特典映像を多数収録。

さらに、ライブ映像「NEW STARLIVE 2016」では、役名の“佐野さくら with 神代広平”として、ライブハウス「S」での2人のセッションの模様をフル尺で収録。

オンエアでは時間の都合で放送できなかった部分まで収録されており、ライブ映像としても見応え十分の内容となっている。