人気ロックバンドのボーカルとして活躍していたピートが57歳の若さで亡くなった/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

1980年代に世界中で人気を博した、英国のバンド、デッド・オア・アライヴのボーカル、ピート・バーンズが、10月23日に57歳の若さで亡くなったと発表された。死因は心臓発作だった。

【写真を見る】整形回数300越え!美しさを追求し続けたピート/写真:SPLASH/アフロ

「たいへん悲しいことですが、我々に愛されたピート・バーンズが、心臓発作のため昨日突然死亡したというニュースをお伝えしなければなりません。彼の家族や友人は、特別なスターを失い、深い悲しみに沈んでいます」と彼のマネージャーがツイッターで訃報を明かしたと英紙デイリー・メールは伝えている。

ピートは1980年にマージーサイドでデッド・オア・アライヴとして活動を始め、有名になった後はいくつかのリアリティ番組にも出演。またデッド・オア・アライヴは10月28日にコンピレーションアルバム「Sophisticated Boom Box MMXVI」をリリースすると発表していた。

ピートは今年初め、300回以上にのぼる整形手術を繰り返してきたことを認め、それによって鬱や生命の危機すら経験してきたが、「自分は完璧なルックスを手に入れるための整形を止められないだろう」と語っていた。ピートは「You Spin Me Round」の大ヒットは自分の外見によるところが大きいと気づいて以来、偏執的なまでに自分の顔にこだわるようになってしまったという。

「僕は300回ぐらい整形をしている。80歳になって天に召される時、神様は僕が誰だかわからなくなっていればいいと願っている」とピートは話していたと同紙は伝えている。【UK在住/MIKAKO】