写真提供:マイナビニュース

写真拡大

映画『溺れるナイフ』(11月5日公開)の場面映像が25日、公開された。

同作はジョージ朝倉原作の同名少女漫画を実写化し、「10代の一瞬間(=全能感)」の謳歌、挫折、そして再生を描く。ティーンモデルとして活躍しながら田舎に引っ越すことになった主人公・望月夏芽を小松菜奈、夏芽が引っ越した先の神主一族の跡取り息子・長谷川航一朗(コウ)役を菅田将暉が演じた。

今回公開された映像は、夏芽がコウに引きずられて一緒に海に飛び込み、映画タイトルが表示されるというプロローグシーン。原作の単行本1巻第1話の1シーンを実写化したものになっている。