ドイツの「世界一高い教会」ウルム大聖堂 立ち小便で腐食が進行

ざっくり言うと

  • ドイツの世界一高い教会・ウルム大聖堂で、土台の腐食が進行している
  • 立ち小便の尿に含まれる塩分や酸が原因で、関係者たちが対応に苦慮
  • 立ち小便の罰金を2倍に引き上げたが「効果はあがっていない」と指摘された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング