トム・ヒドルストン&エディ・レッドメイン Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images、
Photo by Mike Marsland/WireImage/Getty Images

写真拡大

 英俳優トム・ヒドルストンが、英アードマンスタジオのニック・パーク監督(「ウォレスとグルミット」シリーズ)の新作で、長編ストップモーションアニメ映画「Early Man(原題)」のボイスキャストに加わったことが明らかになった。

 パークが2005年の「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」以来となる監督作「Early Man(原題)」の舞台は、マンモスや恐竜が闊歩する先史時代。一人の勇気ある男が仲間を率いて敵と戦い、同時に“サッカー(フットボール)”という競技を発明する姿を描く。

 主人公でヒーローのダグ役のボイスキャストには、オスカー俳優エディ・レッドメインが決定している。一方、ヒドルストンが声を担当するのは、ダグたちの敵の悪役で、横柄な暴君ヌース卿という設定だ。

 「Early Man(原題)」は、大ヒット作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」でタッグを組んだアードマンと仏スタジオ・カナルが再び共同で製作にあたり、2018年にロシアで開催されるFIFAワールドカップ前の公開を目指している。

 ヒドルストンは、米カントリー歌手ハンク・ウィリアムスを演じた伝記映画「アイ・ソー・ザ・ライト」が現在公開中。レッドメインは、主演した「ハリー・ポッター」シリーズの新作映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が11月23日から全国公開される。