『僕と世界の方程式』ポスタービジュアル ©ORIGIN PICTURES (X&Y PROD) LIMITED/THE BRITISH FILM INSTITUTE / BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2014

写真拡大

映画『僕と世界の方程式』が2017年1月28日から東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(2枚)】

実話をもとにした同作は、他人とのコミュニケーションが苦手だが飛びぬけた数学の能力を持つ自閉症スペクトラムの少年ネイサンを描いた作品。国際数学オリンピックのイギリス代表に選出され、代表チームの台北合宿に参加したネイサンが、中国代表の少女チャン・メイと出会い、彼女と学ぶ日々を通して大きく成長していくというあらすじだ。

数学オリンピックの当日にある選択を迫られる主人公のネイサン役を演じるのは、『ヒューゴの不思議な発明』やティム・バートン監督の新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』などに出演しているエイサ・バターフィールド。共演者にはサリー・ホーキンス、レイフ・スポール、エディ・マーサンが名を連ねる。監督はモーガン・マシューズ。

またプロデューサーを『リトル・ダンサー』のデヴィッド・M・トンプソンが務めているほか、音楽を『黄金のアデーレ 名画の帰還』のマーティン・フィップスが担当。撮影監督は『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のダニー・コーエンが務めている。