25日、第29回東京国際映画祭の開幕式レッドカーペットに、人気アイドルのクリスや中国の女優ジアン・チンチンらが登場した。

写真拡大

2016年10月25日、第29回東京国際映画祭の開幕式レッドカーペットに、人気アイドルのクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)や中国の優ジアン・チンチン(蒋勤勤)らが登場した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

開幕式のレッドカーペットには、中華圏からも多彩な顔ぶれが登場。韓流人気グループEXOの華人メンバーだったクリス、女優のジアン・チンチンはそれぞれ、「2016東京・中国映画週間」で上映された「すれちがう青春」(夏有喬木雅望天堂)と「厄病神」(一个勺子)を携えての参加となった。

今回のコンペティション部門には、中華圏から2作品が登場。メイ・フォン(梅峰)監督の「ミスター・ノー・プロブレム」、香港のロイ・シートウ(司徒慧[火卓])監督の「シェッド・スキン・パパ」がノミネートされている。

さらに、「誰かがあなたを愛してる」や「宋家の三姉妹」などで知られる香港の女流監督、メイベル・チャン(張婉[女亭])がコンペティション部門の審査委員を務めている。

日本最大の映画祭・東京国際映画祭は11月3日まで開催され、計204本の作品が上映される。(翻訳・編集/Mathilda)