写真提供:マイナビニュース

写真拡大

運動の秋、パン食い競走に紛れ込んだこねたもの。
自分の走るレーン・行く先にあるパンやゴールを目で捉え、
速く走る練習を思い出し、パンめがけて跳び、1番を目指し…

今までにブッダが発見したさまざまな
「思いのままにならないこと(苦)」を紹介してきましたが、
何を隠そう「人間の身体の機能」が
「思いのままにならないこと」に満ちているのです。

身体の機能を原因とする「苦」を
「五蘊盛苦」(ごうんじょうく)と呼び、
「八苦」の中に数えられています。

「五蘊」とは人間の認識を作る5つの要素で、
『色(知覚の対象となる物質や身体)・受(五感を通して得る感覚)
・想(イメージ、記憶)・行(意思、判断)・識(認識、分別)』
のことを指します。
これらに執着し、心身を思うようにコントロールできないと感じる事で、
苦しみは募っていきます。

不快だと頭ではわかっていても、
ついつい怒りや不満が湧いてきてしまったり、
失敗の記憶やイメージで不安になったり、
知識に縛られるあまり「あんなものはパンとは言わない!」とこだわったり、
高い所に手が届かなかったり…

身体機能の制約を受ける限り、
「苦」を引き起こす原因が身近に溢れているということを、
まずは知る事が大切です。

また、日常に溢れる「思いのままにならないこと」から着想を得て
生活を改善する画期的な発明や、
ありそうでなかったアイデアが生まれているのも事実です。

人間の身体活動・認識のプロセスや、
それが原因となって起こる問題を丁寧に観察していくことで、
新たな発見があるかもしれません。

■こむぎこをこねたもの、とは?

■著者紹介

Jecy
イラストレーター。LINE Creators Marketにてオリジナルキャラクター「こむぎこをこねたもの」のLINEスタンプを発売し、人気を博す。「こむぎこをこねたもの その2」、「こむぎこをこねたもの その3」もリリース。そのほか、メルヘン・ファンタジーから科学・哲学まで様々な題材を描き、個人サイトにて発表中。

「週刊こむぎ」は毎週水曜更新予定です。

(Jecy)