25日、フィリピンの慰安婦被害者の会「リラ・フィリピーナ」は、同日から日本を訪問するロドリゴ・ドゥテルテ大統領に対し、安倍首相との会談で慰安婦問題を取り上げ補償を求めるよう促した。写真はマニラのリサール公園。

写真拡大

2016年10月25日、フィリピンの慰安婦被害者の会「リラ・フィリピーナ」は、同日から日本を訪問するロドリゴ・ドゥテルテ大統領に対し、安倍首相との会談で慰安婦問題を取り上げ補償を求めるよう促した。新華社が伝えた。

リラ・フィリピーナのエグゼクティブディレクター、レチルダ・エクストレマドゥラ氏は声明で、「フィリピンの歴代政府は日本との外交関係がこじれることを懸念し、第2次世界大戦中に旧日本軍の売春宿で働くことを余儀なくされたフィリピン人女性の窮状を無視してきた」とした上で、「独立した外交政策を追求するドゥテルテ氏なら日本に立ち向かうことができる」と訴えた。(翻訳・編集/柳川)