「シミがなかなか消えてくれません…」そのワケとは?

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 シミを消したい。よく分かります。でもなかなか消えない。もっとよく分かります。それはシミが、肌の表面にペロッと着いているわけではないからです。

 シミの正体は、「メラニン」という色素です。そのことは、ご存知の人も多いと思います。

 そのため、メラニンには悪いイメージがありませんか? 私もエステサロンの先生に取材するようになるまで、そうでした。

 ただ、メラニンは一概に「悪者」とはいえないようです。

 メラニンは、紫外線を浴びたりすることで肌細胞が破壊されそうになると、それを守るために生成されるといいます。例えると、「日傘」の役割をしているのです。

 そして、メラニンは通常、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)で剥がれ落ちるのですが、その周期が乱れて遅くなったりすると、メラニンがたまって、それがシミにつながります。

 シミを消すのも、ターンオーバーによって自然と剥がれ落ちるまで待つのが基本です。

 ただ、ターンオーバーの周期は28日が理想といわれ、年をとるごとに長くなります。シミを消すのに時間がかかるのが、お分かりいただけるのではないかと思います。

 そして、ターンオーバーを整えるには、身体を冷やさない、バランスの良い食事をする、睡眠をしっかりとる、といったことが大切になります。

 これらの当たり前のことは、美容の土台ともいえそうですね。

キレイの先生 http://kireinosensei.com/